インビザラインとはどのような治療なのか

歯列矯正を行うと、美しい歯並びに整えることができますが、矯正はすぐに終わるのではなく、装置を長期に装着しなくてはいけません。ワイヤーは目立ちますし、歯磨きがしづらい、痛みがあるなどの問題もありますので、治療を躊躇している人もあるのではないでしょうか。通常の治療では、装置を自分で外すというわけにはいきませんが、インビザラインなら手軽に装置を取り外したり、装着ができますので、食事や歯磨きも快適に行うことができます。インビザラインは透明のマウスピースのような装置ですので、ワイヤーのように目立たず、ほかの人に気づかれにくいというメリットもあります。装置はそれぞれの歯にあわせて作られていきますが、ずっと同じ装置を装着するのではなく、治療の段階ごとに装置を作り直し、治療を進めていきます。金属を使わない治療ですので、金属アレルギーのある方にもおすすめの治療方法です。

インビザラインのメリット

歯並びが悪いことにコンプレックスを持っている人は多いです。歯並びは、永久歯に生え変わるときにガタガタに生えてきてしまうことが多いです。一度生えてしまったら、歯並びを自分で治すことは難しいです。アメリカなどでは、歯並びが悪ければ子供の頃に矯正をすることが一般的ですが、日本はまだまだ矯正をする人はアメリカに比べて少ないです。歯科矯正は、何年もかかり、見た目にも歯科矯正をしていることが分かってしまうので、行いたくないという人もいます。もし、どうしてもワイヤーをつけることが嫌だという人は、インビザラインという矯正を行いましょう。インビザラインは、透明なので、周りから矯正をしていることが分からないです。毎日マウスピースをつけなければいけませんが、慣れるとほとんど違和感なくつけることが出来ます。取り外しも簡単です。

インビザラインのメリット

インビザラインは、3Dシミュレーターで、歯の動きを確認することが出来ます。段階ごとの歯の動きを見ることができるので、治療に満足をする人が多いです。取り外すことができるため、歯磨きをするときに、しっかり磨くことが出来ます。ものを食べる時も外すので、ワイヤー矯正のように、食べ物が挟まってしまうということもないです。簡単に外すことができるため、食べる前や、歯磨きをする前にさっと取り外し、ケースに入れておきます。外して入り時間が長くなると、矯正の効果が少なくなるため、できるだけすぐに取り付けましょう。一日20時間以上は取り付けておくようにしましょう。子供は、どんどん口の中が成長していくため、インビザラインを行うことが出来ません。永久歯に生え変わって、歯がきちんと固定されている人は治療をすることが出来ます。